[PR]

 陸上の世界選手権第6日は9日、ロンドンスタジアムで行われ、男子200メートル準決勝で18歳のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が雨のなか、20秒43(向かい風0・3メートル)で2組2着に入り、10日夜(日本時間11日早朝)の決勝進出を果たした。18歳5カ月で決勝に進むのは、2005年大会のウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11カ月を更新する史上最年少記録。日本勢が決勝に進むのは、03年パリ大会で銅メダルに輝いた末続慎吾以来14年ぶり2人目となった。

 飯塚翔太(ミズノ)は20秒62(追い風参考)で1組5着に終わり、決勝に進めなかった。この種目で19秒19の世界記録を持つボルトは出場していない。