[PR]

 JR東日本は10日、英国中部の鉄道路線網約900キロの運営権を、三井物産と、オランダで鉄道運行を手がけるアベリオと共同で獲得したと発表した。今年12月から約10年間、列車の運行管理やダイヤ編成などの業務を担う。JR東が海外の鉄道の運営に参加するのは初。

 運営権を獲得したのは、英在来線「ウェストミッドランズ」。ロンドン、バーミンガム、リバプールなどを結ぶ約900キロの路線で、年約7360万人が利用する。英国は線路の管理と運行を分ける「上下分離方式」を採用し、運行を担う企業は入札で選ぶ。入札の結果、JR東と三井物産がそれぞれ約15%、アベリオが約70%を出資した新会社が運行を任されることになった。

 ロンドン周辺では通勤混雑や列車の遅れが激しく、JR東の混雑緩和や定時輸送のノウハウも評価されたとみられる。従業員や車両は現行を引き継ぎ、運賃徴収や列車の運行管理、ICカードの導入拡大などを行う予定。

 JR東は、国内で鉄道事業の大きな伸びが見込めないため、海外事業を成長の柱に位置づけている。タイ・バンコクでは2016年開通の都市鉄道のメンテナンス事業を始めた。(石山英明)

こんなニュースも