[PR]

羊肉泡●〈食へんに「莫」〉@北京

 私が中国に興味を持ったきっかけの一つは、子どもの頃から何度となく見てきたNHKのドキュメンタリー「シルクロード -絲綢之道-」だった。初回の放送は生まれた頃なので、記憶にあるのは再放送の映像だ。作家の陳舜臣がリポートに立った西安の鐘楼、威容を誇る兵馬俑、黒水城という名で知られるカラホト、敦煌文書が出た莫高窟、「西のかた陽関を出づれば故人無からん」とうたわれた陽関、トゥルファンの地下水脈・カレーズ、そして砂漠の遺跡から発掘された楼蘭の美女。昔の人々がラクダに乗って旅をした中国西北部をいつか訪ねてみたいと思っていた。作曲家の喜多郎が吹くテーマ曲を小学校の頃、リコーダーでまねしていた。

 ちょうど4年前、願いかなって現地に旅に出ることができた。留学していた西安から出発して、敦煌、トゥルファン、ウルムチ、カシュガル。列車や車、飛行機を乗り継ぎながら、パキスタンへ続く道の途中にあるカラクリ湖まで足を伸ばした。ドキュメンタリーが撮影されてから35年近くになっていた。都市部の西安は当時と比べものにならないほど開発されていたが、かつて映像で見た沿線の遺跡を目にすることができた。

 前置きが長くなったが、今日紹…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも