[PR]

 中学生棋士、藤井聡太四段(15)が10日、東京都渋谷区の将棋会館で第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の3回戦を戦い、勝利した。C級2組は、名人戦につながる順位戦で最も下位のクラス。藤井四段はこれで3連勝となり、一つ上のC級1組への昇級に向けて一歩前進した。

 若手の高見泰地五段(24)と対戦。双方が陣形を固めきる前に攻め合いになったが、ペースをつかんだのは藤井四段。そのまま優勢に立ち、押し切った。「序盤は手探りだった。(昇級に向けて)良いスタートが切れたと思う」と話した。

 順位戦は、名人への挑戦権を争う最上位のA級から、C級2組まで五つのクラスがある。順位戦に初参加の藤井四段はC級2組からのスタートで、昇級を当面の目標に掲げている。今期C級2組には棋士50人が参加しているが、それぞれ10局戦って昇級できるのは成績上位の3人だけ。例年、8、9勝が昇級ラインになっている。(村瀬信也

こんなニュースも