(12日、吹奏楽コンクール北陸大会)

■うれし泣き 「全国で金」

 福野小は「鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)~吹奏楽と打楽器群のための神話」を奏で9年ぶりのグランプリに。「感謝を込めた音が響き渡るように」とクラリネットの酒井友里部長らがソロを吹き、部員30人で躍動感を見せた。表彰式後、全員が「すごくうれしい」と跳びはねた。

 6年ぶりに代表の芳野中は、6…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら