[PR]

 山の日の11日、富士吉田市上吉田の吉田口登山道1合目「馬返」は、富士山麓(さんろく)から5合目以上を目指す登山者でにぎわった。

 市は馬返の山小屋を「お休み処」として復活させ、2002年から登山者に冷たい麦茶を提供してきた。富士山は5合目から登る人が多いが、担当者は「自然が豊富で森林浴が楽しめる。江戸時代後半に最も盛んだった信仰登山の歴史も体験できます」と、山麓からの登山の魅力をPRしている。昨夏はここ数年で最も多い2万人以上が利用、今夏も7月1日から8月7日までに1万4千人以上が利用している。11日も午前9時~午後4時に233人が行き来した。

 埼玉県杉戸町の佐藤秀哲(ひであき)さん(36)の家族は3世代7人で訪れた。3年前から毎夏、1合目からの登山を続けている。秀哲さんは「子どもの興味を引く植物や虫が多いし、静かにゆっくり森を歩けるのが楽しい」と話す。長女の仁琴(にこ)さん(小学2年)は「去年は30回くらい休みながら5合目まで登ったよ。いつか3姉妹そろって頂上まで登りたいです」

 東京都から来た桜井康好さん(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら