[PR]

 北朝鮮が米軍基地のある米領グアム島周辺の海域を狙ってミサイルを撃つと警告したことを受け、小野寺五典防衛相は11日、グアムに向けたコースを外れて誤って日本に落ちてきた場合を想定し、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を中国・四国地方の計4カ所の陸上自衛隊の駐屯地に展開する破壊措置命令を出した。複数の日本政府関係者が明らかにした。

 展開するのは出雲(島根県)、海田市(広島県)、松山(愛媛県)、高知(高知県)の四つの駐屯地。航空自衛隊のPAC3の発射機などの移動を11日から始め、12日午前に4駐屯地への展開が終わる見通しだ。

 国家安全保障局(NSS)は、北朝鮮からグアムに向けてミサイルが発射された際の飛翔(ひしょう)コースを推定。度重なる発射によって北朝鮮は技術を向上させており、正常に飛べば島根県から広島県、高知県にかけてのはるか上空を飛ぶことになる一方、機器のトラブルなどでコースを外れ、日本に落ちてくる場合にも備える必要があると判断した。

 政府関係者は「北朝鮮はグアム…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら