[PR]

 トランプ米大統領は11日、北朝鮮が米グアム島周辺へのミサイル射撃を計画していることについて「もし、グアムやその他の米領土、または米国の同盟国に対して何かをすれば、彼(金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長)は本当に後悔することになるだろう。すぐに後悔する」と語り、北朝鮮の挑発行為に対し、連日の警告を発した。

 トランプ氏は同日朝、自身のツイッターで「北朝鮮が愚かな行動を取った場合、軍事的な解決の準備は完全に整っている」と述べ、北朝鮮に対して軍事的な報復を辞さない考えを示した。この発言の意図について、トランプ氏は記者団に「私の言葉の重大性を北朝鮮が完全に理解していることを期待する。私が言ったことは本気だ」と強調、北朝鮮に自制を求めた。

 また、トランプ氏は同日夜(日本時間12日)、中国の習近平(シーチンピン)国家主席と電話で協議した。中国国営中央テレビによると、習氏は「関係国は冷静さを保ち、朝鮮半島情勢を緊張させる言動を慎むべきだ」と述べ、対話による政治的な解決の重要性を強調。トランプ氏は「この問題で中国が発揮する役割について十分理解しており、中国側と緊密な連携を保っていきたい」などと述べたという。

 一方、AP通信は11日、米朝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも