[PR]

 東京都千代田区丸の内3丁目のビル建設現場で男性作業員3人が転落死した事故で、警視庁は12日、3人は、建築関連会社員の小林義行さん(48)=東京都江戸川区=、ともに内装工の土屋剛さん(51)=東京都目黒区=、生川信一さん(43)=千葉県船橋市=だったと発表した。

 丸の内署によると、11日午後4時半ごろ、土屋さんが5階で作業中、大きさが1~2畳分ほどの足場の鉄板とともに約25メートル下の地下3階部分まで落下。ほかの2人も巻き込まれて転落した。署は業務上過失致死の疑いも視野に、当時の状況を調べている。

 現場では、東京会館ビルなどを地上30階建ての複合ビルに建て替える工事をしていた。