[PR]

 市職員の採用試験をめぐり、点数の改ざんを指示したとして警視庁に虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕された山梨県山梨市長の望月清賢(せいき)容疑者(70)が、辞職する意向を固めた。12日午後、市議会議長に辞表を提出し、受理される見通しだ。

 望月容疑者は昨年の採用試験の1次試験で、担当職員に特定の受験者の点数の水増しを指示したとされる。警視庁の調べに対し、容疑を認めているという。