[PR]

 山梨市の職員採用を巡る公文書改ざん事件で、警視庁に逮捕された市長の望月清賢(せいき)容疑者(70)は13日、辞職する見通しだ。それに伴う出直し市長選は、10月1日までに投開票される。

 12日、刑事弁護人を通じて市議会の小野鈴枝議長に望月容疑者の退職届が提出され、受理された。刑事弁護人は会見で「(望月容疑者は)市民の方に対して、大変申し訳ないと話している。勾留に耐えうる体力はあるようだ」と話した。

 市議会は13日、辞職を承認する臨時会を開く。12日、まず全員協議会をもち、小野議長が「本日、市長からの退職届を受理しました」と報告した。「この度の事件による市政の混乱の責任は全て私1人にあります」と書かれているという。

 市長の職務代理を務める飯島尚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら