[PR]

(12日、高校野球 神戸国際大付5―4北海)

 北海の鈴木大和中堅手は、3年連続で甲子園に来た。1年の時はアルプス席、2年は中堅手として準優勝、そして同じポジションを守った今年は初戦敗退。「守備の面で去年のチームに追いつけなかった。先輩たちからは、最後の夏なんで楽しんでやってこい、と言われてきたのに」

 1番打者で2安打。本塁も2度駆け抜けた。だが1点を追う九回、先頭打者で三振。「勝てなかったです、先輩。でも夏までにしっかり仕上げて、野球でも人間性の面でも、去年に負けないぐらい、いいチームになりました」

こんなニュースも