[PR]

(13日、高校野球 天理6-0大垣日大)

 大垣日大は天理の左腕坂根の登板は予想していた。左の4番宮坂は「うちの中心打者は左。左でくると思っていた」。打撃投手も左腕にして準備をしていた。

 だが、狙い通りにはいかなかった。一回1死から二塁打と四球で好機をつくる。そして宮坂。「外角が多いというデータだったが、内角に詰まらされた」と三邪飛。5番内藤は三振で先制機を逸した。

 宮坂は三回も詰まらされ、投ゴロ。六回はスライダーでタイミングを外された。連打が持ち味だったが「相手バッテリーにやられた。全国レベルで勝つのは甘くなかった」。

     ◇

 ●阪口監督(大) 「(天理・坂根は)打てそうで打てなかった。ここ一番でコントロールがよかった。打線がもう少しつなげたら」

 ●修行(大) 先発で五回途中5失点。「悔しい。神野さんにはボールが先行して甘い球を打たれた。もう少し低めを徹底できればよかった」

こんなニュースも