[PR]

 東京都港区のマンションで厚生労働省関東信越厚生局長の北島智子さん(56)が刺殺された事件で、警視庁は12日、北島さんの死因は腹部を刺されたことによる出血性ショック死だったと明らかにした。

 高輪署によると、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された北島さんの弟(52)は12日午前5時15分ごろ、港区高輪2丁目の自宅マンションの居間で、北島さんの腹部を包丁(刃渡り約13センチ)で何度か刺して殺害しようとした疑いがある。容疑を認めているという。署は、容疑を殺人に切り替え、弟の刑事責任能力の有無を慎重に調べている。

 近くに住む北島さんは11日午後10時ごろ、弟と同居する母親の介助のためにこの家を訪問していた。北島さんは新潟県副知事や同省精神・障害保健課長、生活衛生・食品安全部長などを歴任。今年7月11日付で関東信越厚生局長に就いた。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら