[PR]

 救急患者を搬送する病院が決まらない「たらい回し」を防ごうと、県は受け入れ要請を断らない病院を3カ所指定し、今月から千葉市内で運用を始めた。搬送にかかる時間の短縮を図り、救命率の向上につなげる。

 指定を受けたのは千葉大病院(千葉市中央区)、千葉中央メディカルセンター(千葉市若葉区)、みつわ台総合病院(同)。

 救急隊が重症度や緊急性が高いと判断した患者について2カ所以上の病院に搬送を断られた場合、それ以外の患者は5カ所以上断られるか、30分以上受け入れ先が決まらない場合、指定された3カ所の病院は要請があれば一時的にでも必ず患者を受け入れてもらう。

 まず千葉中央メディカルセンタ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら