男子50キロ競歩は史上初の複数メダル、出場3人ともが入賞と、日本が世界で戦えることを証明した。銀メダルの荒井は終盤まで競り合った小林、5位の丸尾を満面の笑みで、フィニッシュラインで出迎えた。

 リオ五輪金、銀の両メダリストが出場しなかった今大会。この種目の日本勢最年長、29歳の荒井には、仲間をリードする余裕があった。隣で歩く小林が歩型違反の警告を受けると「まだ一つだから冷静に」とささやいた。給水では水を2本とって渡す場面もあった。

 残り13キロ。小林と一緒に集団を抜け出した。そのとき、荒井にはまだ余裕があったが、小林の呼吸の乱れに気づき、なんと自ら「ペースメーカー」を買って出た。2人で確実にメダルをとる戦術をとり「メダルいけるぞ」と励まし続けた。

 ここまで荒井が仲間思いなのは、日本競歩界を盛り上げたい一心だからだ。

 今春、男子50キロ競歩廃止の可能性が一時浮上した。存続が決まり胸をなで下ろしたが「もっと活躍しないといけない」と感じた。

 競歩の現状を広く告知しようと、ツイッターのアカウントも開設。7月に北海道であった合同合宿では、女子20キロ代表で今大会18位だった岡田に「将来メダルをとるんだろ。女子競歩を引っ張れ、しっかりやれ!」と励ました。

 ロンドンは5年前に五輪代表から漏れた、人生の分岐点だった。夢だった舞台で、荒井はすっかり日本のエースになって、5年越しに躍動した。(遠田寛生)

こんなニュースも