[PR]

 第99回全国高校野球選手権大会で、初戦を突破した明徳義塾は、大会第8日の第2試合で前橋育英(群馬)と対戦する。馬淵史郎監督と前橋育英の荒井直樹監督に相手校の印象や勝敗のポイントを聞いた。

 ――初戦を突破してチームの状態は?

 馬淵 悪くない。完璧に勝つよりも、不思議とああいう苦しい試合を勝った方が波にのる。

 荒井 一つ終わり、ほっとしている。勝てたことが次の試合のエネルギーになっている。

 ――相手校の印象は?

 馬淵 走攻守、まとまっている。練習量もあり、いいチーム。

 荒井 全国に知れ渡った強豪校、有名校。甲子園という舞台でやれることが、ありがたいなと思う。

 ――相手校で注目する選手は?

 馬淵 1番の丸山君は足が速い。ショートゴロも内野安打になるから、相当に前で守っておかないといけない。

 荒井 投手の北本君と市川君。2人は左右で、タイプも違うピッチャー。安定感もあるし、四球もほとんどないと思っている。

 ――理想の試合展開は?

 馬淵 先行逃げ切り。ピッチャーが1人しかいないなら投げさせて疲れさせることもできるが、4人もいるので。

 荒井 前半でできる限り、守りで我慢して、そういう中で点を積み重ねていきたい。

 ――試合への意気込みは?

 馬淵 1回戦だけ勝っても甲子園に来た意味がない。前橋育英に勝ってこそ、明徳の存在価値がある。

 荒井 明徳さんと、大きな舞台で戦えるのはありがたいこと。そういう中で、勝って校歌を歌いたい。

 =敬称略(森岡みづほ、篠原あゆみ)

こんなニュースも