長崎に投下された原爆で背中一面に大やけどを負いながら生き延び、その後、核廃絶運動に尽力した日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表委員の谷口稜曄(たにぐち・すみてる)さんが30日、がんのため長崎市内の病院で死去した。88歳だった。通夜は31日午後7時、葬儀は9月1日午後1時から長崎市光町16の18の平安社長崎斎場本館で。喪主は長男英夫さん。

 16歳の時、自転車で郵便配達をしている途中、爆心地から北に約1・8キロの路上で被爆した。背中一面に大やけどを負い、長崎県の諫早市や大村市の病院で手当てを受けた。1年9カ月にわたってうつぶせのままで、退院できたのは被爆から3年7カ月後だった。

 1955年にできた長崎原爆青年の会などに参加し、被爆者運動に力を尽くした。2006年から長崎原爆被災者協議会(被災協)会長を務め、10年からは日本被団協代表委員も務めた。

 米国、欧州など10カ国以上に渡り、入院中に撮影された赤い背中の写真とともに、国内外で被爆の悲惨さを語ってきた。

 被爆70年の15年には核不拡散条約(NPT)再検討会議に合わせて、米ニューヨークを訪れ、同年8月、長崎市の平和祈念式典では被爆者代表として「平和への誓い」も読み上げた。