[PR]

■ミュージシャン「レキシ」こと池田貴史さん(43)

 ファンクやディスコ音楽に日本史をモチーフにした歌詞をのせて歌う、異色のソロユニット「レキシ」として活動している。歴史オタクが高じ、世界文化遺産登録を目指している百舌鳥(もず)・古市古墳群(大阪府)の応援大使になった。

 2月の任命式では、自ら用意した「前方後円墳」のかぶり物で登場。国内候補に決定直前の7月にはJR山手線で自身の顔と「古墳へGO!!」と書いた車両も走らせ、機運の醸成に一役買った。

 小学生の頃、偉人たちの漫画で日本史のとりこに。別のバンドのキーボード担当だった約20年前、音楽と歴史の融合を着想し、2007年にソロデビューした。

 紫式部、明智光秀といった歴史上の人物や、年貢を納める男、家督を譲る人……彼らの喜怒哀楽について、「何千年前も、今の人も変わらない。それを想像するのが楽しい」。独特の魅力にひかれてか、楽曲には椎名林檎さん、斉藤和義さんらも参加。自動車メーカーのCMソングにも採用された。

 数多くの古墳がひしめく古墳群…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら