[PR]

 エスパルスはこの夏、新たな戦力を加えた。1人は今夏までUAEでプレーしていたMF増田誓志選手、もう1人は広島から期限付き移籍で加入したMF清水航平選手だ。増田選手は中盤で球際の強さからのボール奪取、広い視野からの大きな展開やミドルシュートが特徴。何より、今のエスパルスに足りない代表経験があり、期待は大きい。清水選手はサイドアタッカーで、小柄ながらも、両足から繰り出される強いキックを武器としている。広島でJ1制覇を3度経験するなど、勝者のメンタリティーもそろえる。

 シーズン真っただ中の移籍は、基本的に即戦力としての活躍を見込んでいる。それでも、チームに即フィットするのはなかなか難しい。J1残留争いをしていた一昨年夏に加入した鄭大世選手と角田誠選手には得点力と守備力がそれぞれ期待されたが、J2降格を免れることはできなかった。しかし、昨季には本領発揮し、チームの中心としてJ1昇格に大きく貢献している。また、昨季夏に加入した長谷川悠選手と二見宏志選手は、メンバーに入りきれない状況が続いたが、1年経った現在では主力としてチームを支えている。

 ただ、負傷者続出の今季は、悠長なことを言っていられない。J1残留、さらにリーグ1桁順位というクラブの目標もある。すでに、前節柏戦に増田選手は出場しており、清水選手も近々試合に出場することになるだろう。早く「エスパルス色」に染まってチームに活性化をもたらして欲しい。(森谷理・清水エスパルス広報部長)

こんなニュースも