[PR]

 米司法省が、反トランプ大統領を掲げるサイトのデータを持つIT会社に対し、サイトを閲覧した人の個人情報を提出するよう命じていたことがわかった。言論の自由を脅かすとして批判の声が高まっている。

 米ロサンゼルスのIT会社「ドリームホスト」が14日、明らかにした。提出を要求されたのは、1月20日の大統領就任式に合わせた「反トランプ」デモの呼びかけに使われた「disruptj20.org」というサイトの個人情報。アクセスした人の氏名、住所、電話番号、写真、メールアドレスに加え、個別のコンピューターに割り振られる「IPアドレス」などが対象で、その数は約130万件に上るという。IPアドレスがわかると、どのコンピューターから接続したかがわかる。

 首都ワシントンで開かれた大統領就任式では、会場周辺で大規模なデモが起き、200人以上が逮捕される騒ぎになった。

 逮捕者の情報に限らず、サイト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも