[PR]

 産廃の撤去と無害化処理は終わったものの、再生への道のりはまだ遠い豊島。事件は島に重い傷痕を残し、全国に衝撃を与えた。豊島事件の教訓とは何か。環境行政を大きく転換するきっかけとなった事件を、環境法の専門家はどう見ているのか。話を聞いた。(田中志乃)

■規制強化のきっかけに 大塚直・早稲田大教授

 1990年代から産廃の不法投棄撲滅を目指し、廃棄物処理法などの法改正が続いた。厳罰化したから不法投棄がなくなるといった単純な話ではなく経済的な構造の問題のため、断ち切ることが難しい。だが、これらの法規制改革の一番のきっかけになった事件が、豊島事件だった。

 この問題の根幹は、排出事業者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら