[PR]

 国家政権転覆扇動罪の罪で服役し、2014年8月に出所した後も自宅で軟禁されていた中国の著名な人権派弁護士、高智晟(カオチーション)氏(53)が、13日から行方不明になっていることが分かった。米国に亡命した家族が明らかにした。

 高氏は出所後、陝西省の農村の家で暮らし、公安当局が24時間監視していた。だが、家族によると、13日朝から連絡がとれなくなった。親族が確認したところ、家からいなくなっていたという。家族は取材に対し、「歯が悪く、治療を希望していたが、精神状態は良かった。失踪する理由はない」と話している。

 支援者によると、高氏は最近、国外メディアの取材を受けて共産党や習近平(シーチンピン)国家主席を批判したといい、秋の党大会を前に言論統制を強めている当局が拘束した可能性もある。高氏はノーベル平和賞候補にも名前が挙がる弁護士。共産党が「邪教」として弾圧する気功集団「法輪功」メンバーの弁護や、強制立ち退きにあった住民の権利保護に取り組んだことで知られる。(北京=延与光貞)