[PR]

 夏休みシーズンに富士山が大勢の登山客でにぎわっている。深夜の登山道には、ご来光を拝もうと未明にかけて山頂を目指す人たちが列をなし、連なるヘッドランプの明かりが幻想的な光景を作っている。

 山梨県富士吉田市によると、7月1日から8月16日までに吉田ルートの6合目を登った人数は14万7672人。昨年よりも約500人増えた。早朝の肌寒い山頂には、外国人登山客の姿も多く、さまざまな言語が飛び交っていた。(鬼室黎)