[PR]

 夏のひととき、家族や仲間が集まって、野外でバーベキューを楽しむことがあると思います。その際、気をつけてほしいのが食中毒です。

 バーベキューと言えば、やはり生肉を焼いて食べることが多いと思いますが、どんなに新鮮であっても生肉は食中毒を起こす菌をもっています。ましてや常温で時間がたつと菌はどんどん増えていき、食中毒のリスクが高まるのです。

 最近増えているのが、「カンピロバクター」という菌による食中毒です。これは、生肉の加熱不足や不適切な取り扱いが原因です。ちなみに、飲食店で発生する食中毒もカンピロバクターによるものが最も多いようです。

 厚生労働省の食中毒統計によると、2016年に日本全国でカンピロバクター食中毒が339件発生しています。死亡者はいませんでしたが、患者数は3272人にのぼっています。

 カンピロバクター食中毒を予防するためには、飲食店はもちろん、一般家庭や野外での飲食時に次のような注意が必要です。

 ①生肉の処理に使用したまな板などの調理器具や、手指の洗浄消毒を十分に行う。

 ②食肉は中心部まで十分に加熱(75度で1分間以上)する。子ども、高齢者など抵抗力の弱い人は生肉を食べない。

 ③生肉と調理済み食品は別々に冷蔵庫に保管しておく。

 ④焼き肉やバーベキューでは、「焼く箸」と「食べる箸」を区別する。

 ⑤よく知らない井戸水や沢の水は飲まない。

 この中で特に、④の区別をしていないという人も少なくないのではないでしょうか。

 また、牛肉は完全に熱を通さず、少しはレアの状態で食べたいという人もいると思います。生肉に含まれる菌の量がほんの少しなら、私たちの体内にいる常在腸内菌がやっつけてくれることと思いますが、冷蔵庫から出してからの時間が長くなるほど、食中毒の危険率が上がっていくことを知っておいてください。

 以前なら普通に食べていた生レバーやユッケも、少なくとも健常な成人以外ではいくらかリスクがあります。先進国では衛生環境が良くなった結果、ふだん口から外界の菌が体内に入る機会が少なくなり、腸内細菌の力が昔の人より弱くなっていることも、食中毒の原因の一つと考えられます。

 楽しいはずのバーベキューが残念な思い出にならないようみんなで気をつけましょう。

<アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hirosaki/(弘前大学大学院医学研究科臨床検査医学講座准教授 齋藤紀先)