[PR]

 コンビニエンスストアで万引きをしたとして、栃木県警は17日、同県足利市南大町の派遣社員原裕美子容疑者(35)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。原容疑者は女子マラソン国際大会の優勝経験者。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同市内のコンビニ店で7月30日午後4時15分ごろ、化粧品や清涼飲料水など8点(販売価格計2673円)を盗んだというもの。捜査3課によると、商品がなくなっていることに店側が気づき防犯カメラを確認したところ、原容疑者が自分のバッグに入れている様子が映っていたという。

 原容疑者は栃木県出身。2005年の名古屋国際女子マラソンで初優勝し、07年の大阪国際女子マラソンでも優勝。05年ヘルシンキ世界選手権では日本人選手最高の6位に入賞した。