[PR]

 自立を目指すホームレスが路上で売る雑誌「ビッグイシュー日本版」が苦境に立たされている。部数の落ち込みで、発行元が2年連続赤字に陥った。売り手のホームレスの減少が大きいが、活字離れも影響しているようだ。しかし、貧困問題が解決したとは言えず、定期購読の募集などで編集・発行を続けていこうと奮闘している。

 ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、南アフリカや豪州など世界11の国、地域の版がある。日本版は2003年9月創刊。発行元の「ビッグイシュー日本」(大阪市北区)が編集し、月2回発行する。現在は1冊350円で、ほぼ半分の180円が販売するホームレスの取り分となる。

 「ギャンブル障害」「『赤ちゃんポスト』の10年」など社会問題の特集や、ミュージシャンのスティング、女優のナオミ・ハリスら著名人インタビュー、各国のニュース短信などネットワークを生かした海外の記事、「ホームレス人生相談」などが人気だ。日本版は創刊から今年6月末までに累計774万冊が売れ、11億5253万円が、販売するホームレスの収入になった。現在は北海道や東京、神奈川、愛知、石川、大阪、岡山、熊本など12都道府県に販売者がいる。

 販売は10年度が69万冊でピークだったが、以降は減り続け、16年度は39万冊に落ち込んで2年連続赤字となった。同社の佐野章二代表(75)は「販売者の減少が一番の原因。路上生活者そのものが減っており、それ自体は喜ばしい」と話す。

 厚生労働省の調査では、10年に1万3千人余りいたホームレスは、今年1月時点で5500人に半減。同社によると、販売者も10年の約160人から今年3月時点で116人に減った。

 ただ、調査対象は公園や河川敷…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら