[PR]

 日中の厳しい暑さが続く中、兵庫県淡路市では、特産品のシラス干し作りをする光景が広がっている。

 同市の神戸水産では、近くの播磨灘で取れたばかりのシラスをゆでた後、網に載せて広げ、乾燥させる作業を続けている。天気が良いと、約1時間で出来上がるという。多い時で1日に2・5トンを作るといい、作業は12月まで続く。(水野義則)