[PR]

 自宅で妻(48)を木刀で殴り殺したとして、大阪府警は17日、同府泉佐野市日根野の無職小林清容疑者(50)を殺人容疑で逮捕し、発表した。「頭や背中を何発も殴ったが、死ぬとは思っていなかった」と殺意を否認しているという。

 泉佐野署によると、小林容疑者は16日深夜から17日未明の間、妻の治子さんの頭などを木刀で殴って殺害した疑いがある。同居の息子は深夜に父母が口論しているのを聞いたという。治子さんは居間で死亡しており、両手足や口などにあざがあった。小林容疑者は17日朝、「妻が亡くなっている」と119番通報した。