[PR]

 トランプ米大統領は17日朝、バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義団体が反対派と衝突した事件にからみ、奴隷制存続を主張して南北戦争を戦った南部連合の英雄像撤去の動きが出ていることをツイートで批判した。撤去には批判的な意見も多いため、白人至上主義に同情的と非難されているトランプ氏としては、問題の焦点をずらす狙いがありそうだ。

 シャーロッツビルの事件は、白人至上主義団体が南部の英雄、リー将軍像撤去に抗議するために集まったのがきっかけだった。南部連合をたたえる英雄像や記念碑については差別の象徴との受け止めがあるため、事件後に撤去の動きが相次いでいた。

 トランプ氏はこれに対し、「美しい像や記念碑を撤去することで、我々の偉大な国の歴史と文化が引き裂かれるのを見るのを悲しく思う」とツイート。「歴史を変えることはできないが、学ぶことはできる」とし、「リーらの次は誰だ? (初代大統領の)ワシントン、(独立宣言を起草した)ジェファーソンか。ばかげている」と続けた。

 トランプ氏は事件後、白人至上…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら