[PR]

 昨年10月の岩手国体の自転車成年男子ケイリンで優勝した選手がドーピング検査で陽性反応を示したと、日本体育協会が18日発表した。日体協は2003年夏季国体からドーピング検査を導入しているが、陽性反応が出たのは初めてで、同選手の成績抹消などを近く決める。

 同選手は岩手国体には福井県連盟所属で出場し、同県体育協会に勤務する。日本アンチ・ドーピング規律パネルによる4年間の資格停止処分を不服として、日本スポーツ仲裁機構に処分取り消しを求めていたが、仲裁機構は同日、意図的でなかったなどと判断して、昨年10月28日から4カ月の資格停止に軽減すると発表した。仲裁機構によると、同選手は尿から2種類の禁止薬物が検出されたが、海外製サプリメントに含まれていることを知らずに服用していたという。