【動画】「もぐりんBrothers」と呼ばれる3匹のオスのダイオウグソクムシ=浪間新太撮影
[PR]

 「気持ち悪い!? いいえ、かわいいです」。名古屋港水族館(名古屋市港区)の飼育員が話すのは、南館のダイオウグソクムシのことだ。「1番」などと番号で管理する名古屋港水族館では珍しく、名前が付けられるほどの愛されよう。その魅力とは――。

 「もぐりんBrothers(ブラザーズ)」と呼ばれる3匹のオスのダイオウグソクムシの名前は、「もぐりん」「もぐ二郎」「もぐ三郎」だ。

 もぐもぐエサを食べる姿がかわいいから「もぐりん」。飼育員の間で呼ばれていた愛称を公表した。飼育員の伊藤美穂さん(45)は「マイナーな深海生物にも愛着を持ってほしかった」と説明する。

 飼育員の藤原光波さん(22)は「最初、気持ち悪いなと思った」。だが、「もぐりん」が月に1度、食事をする姿をみているうちに、「だんだんかわいく思えてきました」と話す。

 「もぐりん」のお気に入りのエサはイカだ。来館当初は何を好むのか分からず、試行錯誤でバナナを与えてみたことも。節分には好物のイカのすり身で作った恵方巻きを与えたが、「余計なことをするな」と言わんばかりに食べてもらえなかったという。

 2015年11月に来館した「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら