[PR]

 民進党の井出庸生衆院議員(39)が18日、国会内で記者会見し、21日告示の民進党代表選立候補に必要な国会議員20人の推薦人確保を目指していることを明らかにした。「党勢が低迷する中、代表選自体も低調との意見もある。活発な代表選にして党の求心力を高めたい」と述べた。

 井出氏は衆院長野3区選出。NHK記者を経て、2012年衆院選でみんなの党から立候補して初当選。14年衆院選では維新の党公認で当選し、合流に伴い民進党所属となった。今回の代表選には、前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官が立候補する見通し。