[PR]

 トランプ米大統領を誕生させた立役者で、排外主義的な「米国第一」政策を推進してきたスティーブン・バノン大統領首席戦略官が18日、更迭された。「反エスタブリッシュメント(既得権層)」などトランプ氏の思想にも影響を与えたが、政権内で深刻な対立を招いて孤立していた。この1カ月だけでも政権中枢幹部の更迭や辞任は4人目で、混乱が続いている。

 「我々がともに闘い、勝利を収めたトランプ政権は終わった」

 バノン氏は更迭された後、米保守系誌「ザ・ウィークリー・スタンダード」に「我々は大きなうねりを起こした。トランプ政権はまだ何かを成し遂げられるだろう」と力を込めつつも、無念さをにじませた。

 「トランプ氏を大統領に押し上げた男」とも言われたバノン氏は、政権内での影響力の強さから、一時は「バノン大統領」とも呼ばれた。政権の「米国第一」政策を強引に推し進めてきたが、最近は政権内で孤立し、力をそぎ落とされた中で更迭されたのが実態だ。

 政権発足と同時に、環太平洋経…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも