[PR]

 栃木県日光市鬼怒川温泉大原の「鬼怒川温泉ふれあい橋」から19日午後9時ごろ、2歳の男児が転落し、捜しに行った父親で会社員の山家竜司さん(41)=千葉県酒々井町ふじき野2丁目=が行方不明になった。男児は救助されたが、山家さんが見つかっておらず、栃木県警や消防は鬼怒川に流された可能性があるとみて捜索している。

 今市署によると、山家さんは夜祭りの花火を見るために家族5人で橋に来ていたが、川を見せようと山家さんが2歳の次男を抱き上げたところ、橋の欄干から転落したという。目撃した人が通報し、消防署員が約1時間後、川岸で次男を発見し、救助した。けがをしていたが、命に別条はなかった。

 山家さんも次男の転落直後、川岸に下りて捜しに行ったが、行方が分からなくなった。20日の捜索では橋の真下付近の川岸に山家さんが履いていたとみられるげたが見つかった。19日日中の雨の影響で、鬼怒川の水量は多かったという。(吉田貴司)