[PR]

 金塊の密輸入事件が止まらない。増え始めたのは3年前の消費増税後で、税を払わずに持ち込めば大きな利ざやが出るためだ。大阪では換金された大金が狙われる事件が起きた。「これを持っていってくれたら日本に旅行に行けるよ」。犯罪組織に誘われ、安易に運び屋を引き受けてしまう外国人のケースも目立つ。

換金知り、待ち伏せか

 4月28日午後1時過ぎの大阪・ミナミの路上。貴金属店前で、紙袋を手にしていた2人組に、マスク姿の男たちが催涙スプレーをかけた。袋には7千万円。奪おうとして殴り合いになり、怒号が響く。襲撃グループは奪えないまま1人が逃走、1人が動けなくなって病院に運ばれた。その後、襲った側の2人は強盗致傷の疑いで逮捕された。

 襲われた2人組は、なぜ大金を持っていたのか。最初は「府内で金塊を受け取り、知らない男に換金してもらった」と府警に説明。府警が防犯カメラ映像などをたどって足取りを確かめると、この日にシンガポール発の便で関西空港に到着していたことがわかった。

 捜査関係者によると、2人組は機内で離れた席に座り、別々に帰国手続きを済ませて合流。南海電鉄で難波駅(大阪市中央区)に着くと、そこからタクシーで貴金属店に向かっていた。

 貴金属店の前で、金塊15キロが入ったかばんを待っていた男に渡し、店から出てきた男から大金の入った紙袋を受け取った。マスク姿の男たちが2人組を襲ったのはその直後だ。府警は、事前に金塊を2人組が換金することをつかみ、待ち伏せしていたとみている。

 関空から移動中、2人組は第三者と接触した形跡がなく、府警は金塊を密輸したと判断し、関税法違反と消費税法違反の疑いで42歳と35歳の男を逮捕した。密輸への関与や経路についてははっきりしていない。府警は背後関係も含め、事件の全容解明をめざす。(大部俊哉)

来日外国人が週1回は…

 近年、金塊の密輸事件が目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら