[PR]

 宮崎が総合得点で全国2位になった「和牛五輪」(全国和牛能力共進会)を取材していたときのこと。「ももちゃんご飯だよ~」「かえで起きて。全くこの子は……」。まるで我が子に話すように牛に声をかける姿に深い愛情を感じた。和牛の名前はどうやってきまるのか。調べてみると、牛の世界にも「キラキラネーム」があることがわかった。

 和牛の名前は、雄は漢字、雌はひらがなで、8字以内と決められている。子牛が生まれると、血統登録などをする全国和牛登録協会(全和協)がつくる「子牛登記」に登録される。その際に「区別しやすいように」とのルールだという。

 全和協によると、昨年度新たに登録された和牛は全国で48万2241頭。子牛登記の要領には「あまり短すぎて同一名が多くなると困るので、なるべく4~5字とする」という一文もあるほど、区別できるように工夫している。数字は性別に関係なくつけることができる。

     ◇

 宮崎市の宮崎中央家畜市場で、6~8月にあった競り市に出品された約3100頭の子牛の名前を、その父母の名前と合わせて調べてみた。

 わかりやすいのは親から取った名前。父が「秀正実」、母の父が「忠富士」、母の祖父が「隆桜」で一文字ずつもらって「秀忠桜」といった具合だ。

 「大悟」「はなこ」など人名のような名前の牛が最も多い。「あやめ」「みかん」など花や食べものなどもメジャー。「もんぶらん」「ぷりん」と、甘党の農家が思い浮かばれるような牛もいた。

 思わず「キラキラネーム?」と思ってしまうような名前も。「ぴいす」「てぃあら」「神龍」。時代を反映したような「真田丸」「まりこさま」「にこるん」も。「ひみこ」を母に持つ「聖徳」、なぜか「いくら」を親に持つ「たら」という牛もいた。

   …

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら