[PR]

 名古屋市は22日、同市港区の公園で毒キノコ「オオシロカラカサタケ」を採って食べた30代の男性3人が、嘔吐(おうと)や下痢などの食中毒症状を訴えたと発表した。いずれも入院中で、快方に向かっているという。

 市によると、3人は20日午後3時ごろ、荒子川公園のデイキャンプ場でバーベキュー中、近くに生えていたキノコを採り、焼いて食べた。1~2時間後に嘔吐などの症状を訴え、2人は救急搬送されたという。

 オオシロカラカサタケは夏から秋にかけて発生。表面は白く、うろこのような褐色のささくれがある。傘の大きさは7~30センチ、柄の長さは10~25センチになるという。市は「キノコの知識がない人は採らない、食べないことが重要」と呼びかけている。