[PR]

 発達障害がある学生が学びやすいように、支援に取り組んでいる大学があります。その学生に合った手助けをできるかが、「学びやすさ」へのカギとなるようです。

 注意欠陥・多動性障害(ADHD)の傾向がある筑波大大学院2年の女性(27)は、締め切り日が決まっていない課題が出されると手をつけられず、「やるべきことをやっていない焦燥感が常にあった」という。「いつ実験し、結果をまとめるか決められないため、先延ばししてしまっていた」からだ。

 昨年、大学のカウンセラーに相談し、発達障害があることが初めてわかった。今は作業完了までにやるべきことを細かく書き出し、ひとつずつこなすようにしている。たとえば研究発表の資料作りでは、①資料作成ソフトを起動②資料全体のデザインを選択③図表の貼り付け④文字の記入――といった具合だ。

 このやり方に沿うと、「とりあえず作業に手をつけることができ、発表原稿作りなど苦労する作業にも順調に移れるようになった」。教員と一週間の予定を毎週確認することも合わせて、「先延ばしの癖が改善している」と語る。

 やるべきことを細分化する方法…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら