[PR]

 大学や学部の新設の可否を検討する文部科学省の大学設置・学校法人審議会は25日、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が求めていた来年4月からの獣医学部開設について、判断を保留し、引き続き審議することを正式に決めた。学生の実習計画などが不十分だと判断したとみられる。

 審議会は改善案の提出を求め、10月下旬に改めて結論を出すが、秋にも予定されている推薦入試の日程に影響する可能性もある。

 加計学園は3月、愛媛県今治市に岡山理科大獣医学部を新設する計画を申請。審議会は4月以降、教育内容や財務の面から非公開で審議し、問題がなければ今月末に可否を判断する予定だった。しかし、実習計画に課題があり、新しい生命科学分野の獣医師を養成するための教育環境が整っていないなどとして判断を保留したとみられる。

 関係者によると、加計学園が3…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら