[PR]

 熊本地震で被災し解体工事が始まった熊本県阿蘇市の小学校のプールで25日、地震当日に割れた水槽で飼われていた2匹の金魚が、約1年4カ月ぶりに「救出」された。ずっと姿が見えず、死んでしまったと思われていた。10~15センチほどだった体長は、30センチ近くにまで成長していた。

 金魚は、阿蘇西小の玄関の水槽で育てられていた。昨年4月16日未明の本震で水槽は粉々に砕けたが、同日昼ごろ、近くの床の上で5匹のうちの2匹が生きているのを職員が見つけ、プールに放した。その後、職員らが水くみなどでプールに行っても2匹の姿は見えず、鳥に食べられたか、死んだかと思われていた。

 学校は市内の仮校舎へ移転。校舎やプールの建て替えが決まり、今年6月ごろに解体前の校舎を訪れた井上利之校長(54)が3階からプールを見下ろすと、大きな金魚2匹が泳いでいた。学校や市教委の職員計9人が25日にプールに集まり、網で金魚をすくい出した。学校には大きな水槽がなく、とりあえず閉校した別の学校から持ってきた給食調理用シンクに2匹を入れた。

 児童はまだ金魚のことを知らず、2学期の始業式がある28日に伝える予定。井上校長は「大きくなった金魚を見て、絶対救おうと思った。復興のシンボルとして大事に育てたい」。(後藤たづ子)