[PR]

 北朝鮮は26日午前6時49分ごろ、東部の江原道(カンウォンド)旗対嶺(キッテリョン)付近から日本海に向けて短距離ミサイル数発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。飛距離は250キロ余りと推定している。米太平洋軍によると発射は3発で、いずれも失敗したとみられる。

 韓国大統領府によると、発射されたのは300ミリロケット弾(KN09)の改良型とみられる。このロケット弾は米軍基地がある韓国京畿道平沢(ピョンテク)に届くとされる。

 北朝鮮のミサイル発射は7月28日、北部の慈江道(チャガンド)舞坪里(ムピョンリ)から大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)14」を発射して以来。旗対嶺には、かつて北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ノドン」を発射した基地がある。北朝鮮は今回、韓国各地で21日から展開されている米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)」への反発から発射した可能性がある。

 米太平洋軍によると26日午前6時49分、同7時7分、同7時19分(いずれも日本時間)の3回、北朝鮮からの弾道ミサイル発射を感知した。1発目と3発目は飛行に失敗し、2発目は発射直後に爆発したとみられるという。初期評価では短距離弾道ミサイルとみているという。

 米太平洋軍は「今回の3発の弾道ミサイルはグアムにとって脅威ではなかったと判断している」とした。

 北朝鮮は今月、米グアム島周辺への包囲射撃を予告したが、その後は「米国の行動を見守る」(金正恩〈キムジョンウン〉朝鮮労働党委員長)と留保していた。米国も、最近の北朝鮮の姿勢について「ミサイル発射や挑発的行為がないことは注目に値する」(ティラーソン国務長官)などと「自制」を評価していた。

 北朝鮮は挑発行動を再開した形…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら