[PR]

 モザンビークの首都マプトで開かれていたアフリカ開発会議(TICAD)の閣僚会合は25日、国際法やルールに基づく海洋安全保障の重要性を確認し、閉幕した。アフリカでも海洋進出を図る中国を念頭にしたものとみられ、その動きを牽制(けんせい)した形だ。

 共同議長を務めた河野太郎外相は、閉幕後の記者会見で、「国際港湾などの主要インフラが、公平で透明性の高い形で運用される必要がある」と指摘。「日本は国際スタンダードを守る投資を進めていきたい」と強調した。

 日本外務省の関係者によると、河野氏は各国外相との会談でも、国際法やルールに基づく海洋秩序の重要性を訴えたほか、北朝鮮のミサイル開発などについても意見を交わしたという。(マプト=石原孝)

こんなニュースも