[PR]

 すしネタの光り物代表格コハダ。東京・築地市場で約4割のシェアを占め首位に立つのが佐賀・有明海産だ。投網を使う独特の漁法で鮮度が高い。だが、漁師に不安が広がっている。佐賀空港への陸上自衛隊のオスプレイ配備に伴い、騒音が起きる頻度が大幅に増えて、漁が続けられなくなる可能性があるからだ。

■漁の大敵は音

 「代々伝わってきた技術が継承できなくなる可能性がある。我々が納得する調査をやってほしかですね」

 7月下旬、佐賀県太良町の竹崎港。オスプレイの飛行音がコハダ漁に与える影響についての防衛省の調査を前に、県有明海漁協大浦支所の弥永達郎運営委員長(61)は取材に語った。

 漁師が不安を募らせるのは、「音」が漁の大敵だからだ。支所の漁師が手がけるのは、海面近くにコハダが集団でいる所を目がけて船上から網を投げる投網漁。魚に手が触れることがなく、刺し網に比べて高い鮮度を保てる。

 漁師らによると、コハダは異常を感じると海中に潜ってしまい、投網ができなくなる。漁師は海面に群れを見つけると船のエンジンを切り、会話を控え、人力で艪(ろ)をこいで近づくなど、音に細心の注意を払う。上空で飛行機やヘリコプターの音が響けば、たちまち群れは見えなくなるという。

 県によると、佐賀空港の民間機の離着陸は、定期便や小型機を合わせて年間1万回ほど。単純計算で1日あたり約30回になる。

 防衛省の説明によると、オスプ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら