[PR]

(31日、サッカーW杯アジア最終予選 日本2―0オーストラリア)

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が好んで使う言葉は、フランス語の「デュエル」だ。

 意味は「決闘」。選手には球際の強さと、最後まで全力でプレーし続けられる気迫と体力を求めた。「侍になってもらいたい。どんな相手でも対等なんだ、とぶつかっていけば必ず結果が出る」

 過去の多くの監督は日本人の良さである連係を高め、世界との差を埋めようとした。2014年W杯で日本を率いたアルベルト・ザッケローニ氏はみそ汁などの日本食を好み、「自分は半分、日本人」と自称するなど「日本」を知り、歩み寄ろうとした。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ出身…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら