[PR]

 動物の臓器のヒトへの移植実現に向けて画期的な前進があった。研究者たちが、ヒトに感染する可能性があるウイルスを遺伝子編集で排除した子ブタをつくりだすことに成功したのだ。

 ブタの肝臓や心臓、その他の臓器をヒトに移植できる日が来るとの研究成果が米科学誌「サイエンス」(8月10日付)に掲載された。専門家たちがあきらめかけていた希望に光が見えてきた。

 ブタの臓器が安全で有効であることが実証されたとすれば、「大変革がもたらされよう」と医学博士デビッド・クラーセンは言う。彼は、今回の研究には加わっていないが、米国の移植臓器調達システムを運営する民間の非営利団体「全米臓器分配ネットワーク連合(UNOS)」の最高医療責任者の任にある。

 クラーセンによると、全米で昨…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも