秋篠宮家の長女眞子さま(25)と、国際基督教大学の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(25)の婚約が3日、内定した。東京・元赤坂の赤坂東邸でそろって会見し、眞子さまは「温かく居心地がよく笑顔あふれる家庭をつくることができればうれしく思います」と語った。結婚式は来年秋になる見通し。

 婚約内定は当初7月8日に予定されたが、九州北部豪雨の被害を案じた二人の意向で延期されていた。

 3日午前、天皇陛下が二人の結婚を認める「裁可」を行い、宮内庁の山本信一郎長官が会見で婚約内定を正式発表した。その後、秋篠宮ご夫妻と眞子さまが皇居・御所を訪れ、眞子さまが天皇、皇后両陛下に小室さんを初めて紹介した。

 午後3時からは眞子さまと小室さんが会見。本格的に話したのは2012年に大学構内であった交換留学の説明会で、眞子さまが小室さんの後ろの席に座ったことがきっかけだったという。交際が始まり、13年12月、二人で食事後に歩いている際に小室さんが「将来結婚しましょう」とプロポーズ。眞子さまはその場で了承したという。

 眞子さまは天皇陛下の初孫。結婚後は皇籍を離れるが、眞子さまはそのことを幼い頃から意識し、「できる限り皇族としての仕事を大切に果たそう」と努めてきたと振り返った。女性皇族は現在14人で、半数が未婚者。今後さらなる皇族の減少が予想される。(島康彦、多田晃子)