[PR]

 右利きか、左利きか。「利き手」の運動能力の差が生まれつき決まっている可能性があることを、名古屋大と富山大の研究グループが魚の研究で明らかにした。脊椎(せきつい)動物には共通するメカニズムがあると考えられ、ヒトの利き手の謎解明にもつながるという。

 ヒトも含めた多くの動物には「利き手」や運動能力の左右差があるという。しかし、それが生まれつき決まっているのか、生まれた後の学習で決まるのかは、長期的な観察の難しさなどから大きな謎だった。

 研究グループは、東アフリカ・大地溝帯のタンガニーカ湖に生息し、魚のうろこをはぎ取って食べる「鱗食魚(りんしょくぎょ)」で実験した。この魚には、右の下あごが大きく口が左に向かって開き、獲物の右側から襲ってうろこを食べる「右利き」と、左の下あごが大きく、左から獲物を狙う「左利き」がほぼ半数ずついる。

 研究グループは、この左右差に着目した。世界淡水魚園水族館(岐阜県各務原市)の協力で鱗食魚を飼育下で繁殖させることにも成功。孵化(ふか)して初めてうろこを食べる時からの左右差の変化を調べた。

 その結果、襲撃する方向は最初…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら