[PR]

■小さないのち みんなで守る

 米ロサンゼルス郡に住むジル・バードウェルさん(49)には3人の子どもがいる。長女と次女は養子、長男は実子だ。ホームレスの女性が産んだ次女は、カリフォルニア州の「赤ちゃん安全保護法」にもとづき保護され、託された。幼いころからそうした経緯を包み隠さず語ってきた。

 おなかの大きなホームレスの女性が病院に飛び込んで来て、出産した。「食べるものにも困っている。とても育てられない」。そう言って、匿名で預けられる「赤ちゃん安全保護法」に基づき、生まれたばかりの赤ちゃんを病院に預けた。

 連絡を受けた米国ロサンゼルス郡ロングビーチ市に住むダレン・バードウェルさん(51)と妻のジルさん(49)は迷いなく、引き取ることを決めた。

 2人はその赤ちゃんに、アドリアナという名前をつけた。当初は、体重が2千グラムちょっとしかなかった。「本当に小さくて……。でも、とてもかわいかったのよ」とジルさん。

 出会った晩は、病院で付き添い、一緒に帰宅した。

 最初はよく泣いた。ミルクを飲むと、おなかが痛くなるようだった。専門医に診てもらい、ミルクを変えたり、授乳前に薬をあげたりしたが、よくならない。胃の手術が必要かもと考えたが、1歳のころ粉ミルクから牛乳に変えたところ、何の問題もなくなった。

 アドリアナちゃん(8)はその頃から、夜通し眠るようになり、体重もどんどん増えていった。

 いまはぱっちりとした目をした女の子に成長し、小学3年生になった。算数が大好きで、将来は学校の先生になるのが夢だ。

 アドリアナちゃんには、姉のオリビアちゃん(10)と弟のタナー君(7)がいる。

 建築関係の仕事に就くダレンさんと、大学で事務職をしているジルさんは2004年に結婚。ジルさんは3回の流産を経験し、養子を迎えようと、行政に登録した。週2回の研修を半年近く受け、自宅の調査なども受けて養子を引き取る資格があると認定された。

 2人のもとにまずやって来たのが、オリビアちゃんだ。通常の養子縁組の手続きで、生後1カ月から育てた。そのオリビアちゃんが2歳になるころ、生後3日のアドリアナちゃんを引き取った。

 ジルさんは自分の子どもはあきらめていたが、アドリアナちゃんを引き取ってからすぐ妊娠。まもなくタナー君を産んだ。

 「神様が2人の女の子を私たちに遣わして、2人の女の子が息子を連れてきてくれた。養子の2人と実子の息子は何も変わらない。3人とも私の子ども」とジルさん。

 ジルさんがタナー君を産んでから、4歳になったオリビアちゃんがジルさんにこう聞いてきた。

 「私はお母さんのおなかから出てきたの?」

 そうではないことを伝えると、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら