[PR]

 9歳と4歳の2人の子どもを育てる私は、勤務時間に制限をかけて、いわゆる「9時5時」で働く。時間通りで帰れる代わりに、やれる仕事には限界がある。これってマミートラックかな……。同じように不安を抱え、もがいてきた女性に、新しい道を切り開くヒントをもらいました。

■NYコレクションに行くはずが

 「これから花開く時だったのに、残念だったよね」。齋藤有希子さん(42)は育児休業からの復職直後、上司にこんな言葉を直接かけられた。

 齋藤さんは資生堂のヘアメイクアップアーティスト。全社で40人あまりしかいない、ヘアメイクのスペシャリストだ。同社の数ある化粧品ブランドのメイクアップイメージをつくりあげていく部署に所属する。

 コレクションシーズンには、NYやパリなど海外でモデルにヘアメイクを施すポジション。しかし、華やかな舞台にたどり着く前に、キャリアの階段を上れなくなってしまった。

■常に焦りがあった

 大学卒業後、化粧品関連の会社に就職したが、ヘアメイクへのあこがれが募った。美容学校に入学したときはすでに26歳。

 2年間みっちり勉強し、資生堂の美容院に契約アシスタントとして入った。

 スタートが遅れた分、常に焦りがあった。

 シャンプーや接客をこなしながら、連日深夜まで作品づくりに没頭し、毎月ヘアコンテストに応募。「見えない肩パットで武装する」ような気分でいた。

 精鋭揃いのアシスタント6人のうち、1人しか受からないテストに合格した。それを機に、29歳で結婚。資生堂に正社員登用もされ本格的にキャリアをスタートさせた。

 「美容師のアカデミー賞」とも言われる「ジャパン・ヘアドレッシング・アワーズ」で最優秀新人賞を受賞、作品は業界誌の表紙を飾った。

 ヘアセミナーの講師に指名されたり、ブランドの広告撮影で海外に出張に行くことも決まりかけ、さあこれから!というときに、妊娠がわかった。

■考え変えた夫の一言

 働き始めたころは、子どもを持つことはマイナスだと思っていた。まわりのアーティストの先輩はみんな仕事第一。そもそも結婚している人も少なかった。

 遅咲きゆえにキャリアを優先させたい。夫婦の会話で子どもの話が出ても、もうちょっと待って…と先延ばし。でもあるとき、夫の一言で考えが変わった。

 「キャリアが大事な気持ちもわかるけど、もし子どもを授かったら、すてきなことだよね」。

 35歳で長女を授かった。1年半の育休後、「なんとも言えない虚無感」が待ち受けていた。

■長時間労働が不可能に

 復帰してまずは、ヘアメイクの現場の仕事は少なく、トレンド分析の仕事を担当した。子どもはしょっちゅう熱を出す。あまりにも先が読めない毎日で、担当する量を減らしてもらった。先輩や同僚に助けてもらうばかりの日々。申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 ヘアメイクという仕事の特性上、長時間労働は不可欠だ。だがそれができなくなった。

 例えば広告の撮影。出演タレン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら